進化

寿命1000年はもう30年生きられれば実現できる可能性あり

http://gigazine.net/news/20160301-life-expectancy-1000-years/

By
Bill Lile
「果たして自分はあと何年生きられるのだろうか?」などと寝る前に考え出すと、
迫り来る死の不安や待ち受ける未来を想像してなかなか寝付けないことがあります。しかしながら、ノルウェー人のウェブ開発者であるHakon Skaarud Karlsenさんが「あと30年生き残れば、1000歳まで生きられる可能性が高くなる」という独自の理論を打ち立てています。
If you’re alive in 30 years, chances are good you may also be alive in 1000 years (haakonsk)
http://haakonsk.blogg.no/1456259429_if_youre_alive_in_30_.html
Karlsenさんは「寿命自体を延ばす」のではなく、「体の年齢を若くすることで結果的に長生きできるようになる」と主張。
その主張の根底にあるのがテクノロジーの進化です。ただし、テクノロジーは一気に進化する必要はなく、徐々に進化すればいいとのこと。例えば、2016年現在50歳の人が20年長生きし、その20年で「老いた体を20歳若くするテクノロジー」が誕生すれば、70歳になっても体は50歳の若さを保ち、さらに20年の猶予が生まれるというわけです。そこから20年生きて、テクノロジーが今度は体を20歳若くできるくらい進化すれば、寿命がどんどん延びていく、とKarlsenさんは主張します。
Karlsenさんの考えをグラフにしたのが以下の画像。グラフは数値こそ完全に正確ではありませんが、Karlsenさんの主張のポイントを押さえているとのこと。縦軸が残り寿命、横軸が時間の経過を表していて、例えば、100歳や80歳の人は時間の経過とともに残り寿命がさがっていきますが、50歳の人は残り寿命がゼロになる寸前で盛り返し、その後はグングンと上昇していっているのがわかります。Karlsenさんによると、体を若返らせるテクノロジーが本格的に開発されるのは約30年後で、50歳の人であればギリギリ間に合うかもしれないそうです。

しかしながら、「本当に30年後に若返りテクノロジーが確立されているのか?」と疑ってしまうのですが、Karlsenさんは「テクノロジーは驚くべきスピードで進化している」と主張しています。その主張の根底にあるのがコンピューターの進化。
Intel創業者の一人であるゴードン・ムーア氏が「半導体集積回路のトランジスタ数は2年ごとに2倍になる」と唱えた「ムーアの法則」をテクノロジーの進化スピードの例として挙げています。ただし、IntelによるCPU製造プロセスの10nm移行に大幅な遅れが生じていて、ムーアの法則が終焉に向かっていることが報じられました。

続く

続きを読む

地球外生命からコンタクトがない理由


生命の進化を調べた研究で、若い惑星での暴走的な加熱や極度な低温化のため、誕生した初期の生命は多くの場合死に絶えるだろうという説が発表された。他の惑星の生命からコンタクトがないのは、高度に進化する前に絶滅してしまったためだという。
「宇宙には、生命を育めるような環境を持つ惑星があふれているでしょうし、そこには生命体が数多く存在するはずだと多くの研究者が考えています。しかし、誕生間もない生命体は弱く、生き残れるほど急速な進化は滅多に起こらないと考えられます」(オーストラリア国立大学Aditya Chopraさん)。「ほとんどの若い惑星の環境は不安定です。生命を育める惑星を作るには、水や二酸化炭素などの温室効果ガスを調節して表面温度を安定にする必要があります」。
約40億年前の太陽系では、地球だけでなく金星と火星も生命に適した環境だったかもしれない。
しかし形成から10億年ほど経ったころ、金星は温室のように高温になり、火星は冷凍庫の中に入ったように凍りついてしまった。
「もし金星や火星に初期の微生物が存在していたとしても、急速な環境の変化を安定にすることはできませんでした。一方、おそらく地球上の生物は、惑星の気候を安定させる重要な役割を果たしたのでしょう。いまだに地球外生命体の存在を示す兆候を見つけられていないのは、生物または知的生命体の誕生というよりも、惑星表面におけるフィードバック・サイクルの生物学的な制御が急速に起こることは稀だ、ということと関係が深いと思われます」(同大学 Charley Lineweaverさん)。
地球外文明が存在する可能性は高いのにそうした文明との接触は皆無である。「フェルミのパラドックス」として知られているこの問題の、もっともらしい答えは、今回の説にある初期絶滅が全宇宙的なものだということかもしれない。「もしそうだとすれば、宇宙にある化石の大多数は、進化に時間がかかる恐竜や人のものではなくて既に絶えた微生物のものでしょうね」(Lineweaverさん)。
ソース/AstroArts
http://www.astroarts.com/news/2016/01/27exolife/index-j.shtml

続きを読む

【画像】科学者の予想する未来人がヤバすぎると話題に



科学者は現在の環境の変化によって、人間が考えられないような進化をする可能性があると予想しています。
研究によると、環境の変化によって、水の中での生活にも対応出来るように、人間の身体は手や足に水かきができたり、エラが発達するようです。
原始人類学者のマシュー・スキナー博士は地球温暖化が進み、海水面が上がっていくと、人間は水での生活をせざるをえなくなるので、魚の様に変わっていくと信じています。
水中で食糧探しに適応する為、人は海中から酸素を取る為の人工的なエラを開発し、また海中でも目が見える様に、透明なまぶたを進化させるとスキナー博士は述べています。
エラによって、肺呼吸の必要性が少なくなり、人の胸郭は時間共に縮まっていくと予測しています。
http://www.happypost.top/科学/52683456.html
管理人です!
この話はカラパイアさんの記事が分かりやすかったです。
猫目、水かき付の手足。今後起こりうる可能性のある人類の進化、3つのシナリオ:カラパイア
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52209580.html

続きを読む