生物

【閲覧注意】世界最強の『攻撃力』を持つ生物ランキングBEST13!!!!!!

第13位.グリズリー
カナダやシベリアといった寒冷な地に生息する巨大な熊
その平均体重は250kgにもなるとされ、トラやライオンと比較しても一回り大きなサイズ感と言えよう
しかし、その本質は『雑食』、いわば動物界のマイルドヤンキーという位置付けなので、闘争心や残虐性は肉食動物に劣るし、体重の割には顎の力も弱めだ
そのため攻撃力よりも防御力やHPにステ振りをした動物と言えよう

続きを読む

地球の神秘!水深6キロの深海で未知なる生物が撮影される

世界には、私たち人間が知らないような生物がまだまだ存在している。科学が発達したといえど、解明しているのはごく一部。「深海」にいたっては、人が潜ることができないこともあり、宇宙と同じくらい謎に包まれている。
あまりに規模が大きすぎるため、永遠にすべてを解明できない可能性さえもあるが、この度NOAA(アメリカ海洋大気庁)が一歩前進! 深海で新たな撮影に成功しており、未知なる生物の姿をとらえている。
・水深6キロ
YouTube にアップされている動画「Earth’s deepest abyss」は、世界でもっとも深いマリアナ海溝の水深6キロに潜らせたカメラで撮影されたものだ。再生すると、見たこともない生物たちが映し出される。
(以下略)
※詳細、全文はソース元で
ソース/ロケットニュース24
【衝撃動画】地球の神秘! 水深6キロの深海で未知なる生物が撮影される
動画









続きを読む

【閲覧注意】エイリアンのようなクモ発見「枯れ葉に擬態」専門家も困惑した変装ぶりでおそらく新種

ある夜、クモ学者のマティヤジュ・クントネル氏が登山用ヘッドライトをつけて中国雲南省の熱帯雨林を歩いていると、1本のクモの糸が照らし出された。
それ自体は驚くようなことではない。しかし、木の枝から伸びた糸の先にぶら下がった葉っぱが彼の注意をひいた。近寄ってよく見てみると、彼が木の葉だと思ったものの1つが実際にはクモであることが分かった。
「クモの巣があるところにはクモがいるのは当たり前です」
と、米国のスミソニアン研究所とスロベニアの進化動物学研究所に所属するクントネル氏は言う。
「けれどもこのクモには本当に驚かされました」

中国南西部の熱帯雨林で見つかった成体のメスのクモ。木の葉に擬態するクモが発見されたのは初めてだという。(PHOTOGRAPH BY MATJAZ KUNTNER)
クモ学の専門誌「Journal of Arachnology」で、氏はこの発見を報告した。
その論文によると、このクモは丸い網を張るコガネグモ科のゲホウグモの仲間で、糸を使って木の枝から枯れ葉をぶら下げ、その枝の間に身を隠すという。
クモがそんなことをする理由はまだ分からないが、捕食者から隠れたり獲物に忍び寄ったりするためではないかと推測している。
こんなふうにして人目を避けている生物が、あなたの周りにもまだまだいるのかもしれない。

木の葉の間に隠れるクモ。木の葉に擬態するこのクモは新種と考えられている(PHOTOGRAPH BY MATJAZ KUNTNER)。

木の葉に擬態しているのは、捕食者の関心をひかないようにするためかもしれない。(PHOTOGRAPH BY MATJAZ KUNTNER)
ソース元:NATIONAL GEOGRAPHIC
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/111800443/

続きを読む

イギリスで謎の生物が見つかる。その姿は魚と動物が一体化したような外見だった

つい先日、英国・エセックスの海岸で、奇妙な生物が発見されて話題になっている。
その生物はまるで「魚と動物が一体化したような」奇妙な外見をしていたのだ。
生物が発見されたのはエセックス州海岸の街サウスエンド・オン・シーの砂浜だった。
ビーチには子ども向けの小さな遊園地などが併設されているのだが、発見者は遊園地にほど近い場所でこの生物を発見したのだという。
大きさは2フィート(約60センチ)という事で大きさはかなりある。
全体は茶褐色で毛が生えておらず、長いしっぽに小さな体、細い手足が確認できる。
しかし、問題はその顔だ。
首から上は体と同じくらいかそれより大きく、とがったくちばしが付いているように見える大きな口と小さな目鼻がついている。
首から上は魚、しかし体は小動物という“ハイブリッド生物ではないか!?と、注目を集めているのだ。
果たしてこの生物の正体は何なのか?
よくある未確認生物の死体は未成熟のまま生まれ落ちてしまった胎児や、疥癬(かいせん)などの皮膚病で毛が抜け落ち本来の見た目とはかけ離れた姿になってしまった既知の生物のものであるケースがほとんどだ。
しかし今回の生物のケースはどちらも当てはまらないため、現在でも正体不明のままとなっている。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11479256/

続きを読む