日本

茨城ゆかりのUFO伝説江戸時代1803年の「うつろ舟」海外も注目

茨城県ゆかりのUFO(未確認飛行物体)伝説が世界に進出した。江戸時代の1803(享和3)年、常陸国の海岸に円盤状の奇妙な物体と1人の女性が漂着したという「うつろ舟(ぶね)奇談」だ。
今年、英文の研究本が出版され、インターネットや海外メディアで伝説が取り上げられる機会が増えた。史料に描かれた謎の「舟」や、国籍不明で魅惑的な女性の姿は注目度が高く、海外のUFO伝説と肩を並べる日が来るかもしれない。(報道部・三次豪)
(中略)
うつろ舟奇談の研究で大きな前進があったのは14年。田中氏が新史料を解読し、漂着地とみられる具体的な地名「常陸(ひたち)原(はら)舎(しゃ)り濱(はま)」が見つかった。現在の神栖市波崎舎利浜と見られる。長く解明されずにいた謎に近づき、伝説の信ぴょう性が一気に高まった。
(以下略)
※全文、詳細はソース元で
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15757269621089

続きを読む

邪馬台国って普通に九州だよな

対海国つかいこく(長崎県対馬市)
一支国いきこく(長崎県壱岐市)
末廬国まつらこく(長崎県松浦市)
伊都国いとこく(福岡市西区伊都地区)
奴国なこく(福岡県那珂川市)
不彌国ふみこく(福岡県宇美町)
投馬国とうまこく(宮崎県都萬地区)または薩摩
ときて邪馬台国がいきなり近畿にはならんやろ

続きを読む