仕事

47%の仕事がAIにとられる!人間はこれから何を考えるべきか


Google参加企業のAIが囲碁のトップ棋士に勝ってから、人工知能に関する話題を頻繁に目にするようになりました。
なかでも「AIでなくなる仕事・なくならない仕事」というテーマの記事は多くのメディアが取り上げていますよね。
イギリスのオックスフォード大学が2013年に発表した論文では、今後10~20年で47%の仕事が機械に取って代わられると結論しています。
芸術などのクリエイティブな仕事は当分なくならないでしょう。また、ロボット・AIアドバイザーのような新しい仕事が生まれる可能性もあります。
しかし、「自分の仕事は近い将来なくなるのか?」というところにだけ目を向けていると、AIによって生まれる需要な課題を見逃してしまうかもしれません。
AIは仕事以外の社会環境を変えてしまうのですから。
■失業者や賃金格差はどうするか
ベーシックインカム(最低限の所得を国が保証する制度)を唱える人や、格差を受け入れ競争社会を望む人、さまざまな人がいるとは思いますが、いま一度じっくり考えてほしい問題です。
■AIにどこまで仕事を任せるか
キーボードの普及で漢字が書けない人が増えたように、AIの普及によって閃きを失ってしまうというわけです。
これは人とAIの役割分担、つきあい方の問題です。あくまでAIは人間を助けるためにあるものであり、私たちがAIに管理され、働かされているようになったら本末転倒です。
■教育は変わっていく必要がある
現在の教育制度は受験を見据えたただ覚えるだけのもので、時代に取り残されています。未来の若者たちや社会のためにも、新しい教育の形を探っていく必要があるでしょう。
■自分らしさを考える必要もある
上記の通り、AIは社会に大きな変化をもたらします。当然、私たちの働き方や日々の過ごし方も急激に変わっていきます。
たとえば仕事を生きがいに生きている人は、機会に仕事を奪われてどうするのでしょう?
自分を見失わず社会の変化についていくためにも、もう一度「自分らしさ」について考える必要があるかもしれません。
http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/28935774/?sc_int=tcore_news_recent

続きを読む