事件

【未解決事件】謎すぎる…福島女性教員宅の便器の中から男性遺体が発見さるという奇妙な事件がこちら→

資料


当時の便器


1989年2月28日、福島県田村郡都路村(現田村市)にある教員住宅で一人の成人男性の遺体が発見された。
男性が見つかったのはトイレの奥底にある便槽の中。
警察は覗き目的で侵入した末の事故死と発表したが、地元住人は殺人事件ではないかと疑っていたという。
小さな田舎の村で一体何が起きたのか。
遺体で見つかったのは、同村に住む当時26歳の会社員Aさん。
2月24日から行方が分からなくなっており、家族から地元警察署に捜索願が出ていた最中の事件だった。
部屋の住人は当時23歳の小学校女性教諭のBさん。
2月28日、家に帰宅したBさんが汲み取り式トイレで用を足そうとしたところ、便器の中に靴のようなものを発見し事件が発覚した。
汲み取り式は便器内に開いた穴に排泄物を流し、下にある便槽に溜まるという仕組み。
(中略)
Aさんが勤めていた会社が原発関連だったことからも噂はさらに広がり、最終的には地元住民が4000人を超える署名を集めて警察に再捜査の依頼をした。
しかし、事件性はないという警察の判断は覆らず、2019年も事故死のまま事件に動きは見られない。
※全文はソース元で
https://npn.co.jp/article/detail/28473580/

続きを読む