アメリカ

NYではあり得ない日本の「女性専用車両」米国なら男性客から訴訟を起こされる可能性も

◆NYではあり得ない、日本の「女性専用車両」。米国なら訴訟に発展も

◇「女性専用車両」に思う日米のジェンダー論
噂では聞いていたけれど。
先日の日本出張時、初めて見ました「女性専用車両」。
( JRホーム床に書かれている表示を思わず写メして、NYの編集部に送っちゃいました。
“ホントにあったよ!” のテキストとともに )
在米期間が15年を超えた僕からすると、実際に目の当たりにしたら、やはりそれなりに衝撃でした。
(アメリカ人の友人に話しても、そんな車両が存在すること自体ジョークと思われて、結局信じてもらえなかったし)
もちろんこの国ではありえません。
セクハラの対象としてMTA(NY州交通局)が男性客から訴えられる可能性もあり得ます。
訴えられないまでも、男性が乗れない(もしくは、乗りづらい)というだけで男性乗客からのクレームが殺到するはずです。
僕が渡米する以前の日本での “セクハラ” といえばどうしても被害者イコール女性のイメージがありましたが
( 女性が加害者の場合は “逆セクハラ” とあえて “逆” という字をくっつけてたしね。
その時点でただの “セクハラ” はまだまだ女性が被害者だという認識なのだと思います)
「Sexual Harassment」の対象は、もちろん女性にも適用。
実際、この国では女性側が訴えるケースは統計によると全体の50%なのだとか。約半分です。
同性間での案件も少なくないこの国では、残りの50%を、女性から男性へのセクハラ、男性から男性へのセクハラ、女性から女性へのセクハラで分け合っている計算になります。
それにしても「女性専用車両」という現象をスンナリ受け入れる日本人男性は、寛容なのか、それとも無頓着なのか。
あるいはアメリカ人男性が神経質すぎるのか、それとも意識が高いのか。
車両ひとつで両国のジェンダー論を考えた次第です。
(以下略)
※詳細、全文はソース元で
まぐまぐニュース!
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160811-19097094-magmag

続きを読む

【鳥の謎すぎる行動】動物の亡骸の周りで七面鳥が行っている謎の儀式。お前らが思ってるよりかなり謎(動画あり)

ボストン在住の男性はおぞましい光景を目にして戦慄を覚えた。七面鳥の群れが道路で轢かれた猫の死体を取り囲み、そのまわりをまるで「かごめ、かごめ」でもやっているかのようにぐるぐる回っているのだ。
映像はSNS上に現れるや否やウィールスと化した。
「これは今までの人生で目にしたなかで最もクレイジーな光景だ。」ビデオの撮影者がこう述懐している。
SNS上ではこの光景の解明にさまざまな説が打ち出された。謎の陰謀説からシンプルな状況まで挙げられているが、この七面鳥はこういう芸をしこまれているんじゃないかという意見も出されている。
とはいえ、なにがこの鳥たちを不思議な行動へと駆り立てたのか、謎は深まるばかりだ。
https://jp.sputniknews.com/entertainment/201703043398771/
https://twitter.com/TheReal_JDavis/status/837301561500057605


※予備

View post on imgur.com

続きを読む