一度その顔を見たら忘れない驚異の記憶力を持つ「メモリーコップ」4年間で850人以上の犯人を特定

一度その顔を見たら忘れない。驚異の記憶力を持つ警官、4年間で850人以上の犯人を特定(イギリス)

イギリス、ウェストミッドランド州の警察補助員(PCSO)アンディ・ポープは、その類まれなる記憶力により、「メモリーコップ」の異名を持つ。
彼はこの4年間で850人以上の容疑者を特定することに成功しているのだ。
ポープは毎日、30分早く職場に到着する。

パソコンを立ち上げて、その日の署内ミーティングで取り上げる容疑者の写真をざっと見る。
それだけですべての容疑者の顔を暗記してしまうのだ。
この作業を2008年に初めてウェストミッドランズ警察に来て以来ずっと続けている。
彼の脳内に蓄積される犯罪者たちの顔のデータは年々増えていき、その特定率はますます上がっている。
このひときわ優れた特定能力のおかげで、彼はいわゆる秘密兵器のようになっている。
刑事たちは、容疑者を特定する手段が尽きると、みんな彼の助けを求めにやってくるのだ。
(中略)
しかし、これは始まりにすぎなかった。
この4年間で、ポープは850人以上の容疑者を特定することに成功した。
ほかの警官ならひとりにつき平均ひとりというのが普通であることを考えると、驚異的な数字だ。

(以下略)
▼全文、詳細はソース元で
カラパイア
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52226497.html

続きを読む