八甲田山遭難事故の画像が怖い




軍隊の演習だっけ?


日露戦争だか忘れたけど
それに備えた演習で遭難したんだっけ


天は我々を見放した!
ってキャッチコピーだけ覚えてる


上の写真を誰が撮ったのか


すげー 初めて見たわ


それ生きてるのかよ


の写真って映画のスナップじゃないん?
ひょっとして立ったまま凍りついてるのか


発見された時は直立したまま凍ってたんだぞ
ただ死んではなくて仮死状態だったから助かった人もいる


映画の一場面と知っててレスしてるおっさん達の集まりです


210人中199人死亡だから死んでるんじゃない?


八甲田山には幽霊が出るとか出ないとか


この画像見ると映画よく出来てるんだなあって思った


下の画像って凍傷で手足の先失ってるのか


生き残っても地獄やん


映画で兵士が発狂して裸になって川に飛び込むシーンとかどうやって撮影したんだよって今でも思う


撮影当時の話を誰かがテレビのトーク番組で話してて
役者は飛び込むだけでいいけどカメラマンはずっと水の中にいたんでもっと大変だったとか


カメラマンすげえなw


写真は捜索隊が撮ったんだろ


凍傷でここまで切断か
戦争で死ななくてすんで喜ぶべきか?


真っ黒になって壊死するからな切断するしかあるめぇ


両手足切って死ぬまで廃人になった人もいたって


こっちだったか二百三高地だか忘れたが
無茶な行軍主導した上官が生還後入院先で殺されてる
犯人は不明


興味深いな


野営して火を炊く発想って無かったのが不思議


吹雪の山中で200人からの人間が暖をとれるような焚き火とか無理だろ


火を点けられるような対象が無かった上
予想以上の寒さで道具が役に立たなかった
まだ遭難が本格化する前は普通に火は炊けていた


八甲田山の無人の別荘から深夜に119番通報が発信される
雪中行軍遭難事件で有名な八甲田山の無人の別荘から119番通報が行われるという怪奇現象が発生していました。詳細は以下から。
誰もいないはずの山の中の別荘から深夜に1本の119番通報。しかもその発信場所は199名が命を落とした史上最悪の山岳事故である「八甲田雪中行軍遭難事件」が発生した八甲田山の位置する青森市駒込。これはホラー映画のオープニングシーンでしょうか?いいえ、5月に実際に起こった事案です。
無言の119番通報があったのは5月17日の午前0時過ぎ。八甲田山雪中行軍遭難事件のあった青森市駒込に立つ別荘からの通報に消防署員ら10人が山道を越え、40分以上かけて現場の別荘に辿り着いたものの人影もなく、傷病者も見つからなかったとのこと。
東奥日報社のNTT東日本青森支店への取材によると、この事案は「まだ原因は特定できていない」としつつも、風が原因である「確率は非常に低いが、ゼロとは言い切れない」とのコメントを出しています。
この別荘の電話は今は少なくなっているダイヤル式。仕組みとしては
ダイヤル式は、回したダイヤルが戻るまでの間に数字に応じた回数だけ電流が切れ、その切断回数で数字が認識される。例えば電流の切断が1回なら「1」、9回なら「9」となる。
とのことで、現場である別荘への電話線が一部切れかかっており、折からの強風に煽られて電話線が繋がったり離れたりしたため、偶然にも「1」「1」「9」が発信された可能性が否定出来ないとのこと。
http://irorio.jp/jpn_manatee/20140519/135861/


これアンビリーバボーでもやってたな


まださ迷ってる人がいて風力で通報して救助求めたって事か可哀想すぎるな…
日本政府としては徹底的な慰霊祭するしかないだろ


穴を掘るとかカマクラ作るとかじゃ無理なレベルなの?


無理なレベルだから精鋭が全滅したんだ


最後には暑くて服を脱ぎ捨てて叫び声をあげながら駆け出していったやつも多かったってね


凍死のときそうなるって聞いたけど本当なのかな
怖すぎ
その状態になったらもう助からないんだろうな


ビバーグした時汗かいて行軍はじめようと出た時それが凍って凍死
って映画の中では軍医が診断してたね


これと似たような話でロシアが赤化した時旧ロシア勢が赤軍に追われて
凍ったパイカル湖を渡ろうとして百万人位が立ったまま凍ったとか


マジか!


これの当日が北海道旭川で今も破られない国内最低気温記録の-41度を観測した日だぞ
そりゃ死ぬって


直立したまま仮死状態になってたんだよね
その後蘇生して助かったみたいだけど写真の像みたいな状態で凍るって怖いね

遭難し、直立したまま仮死状態で発見された後藤房之助伍長の像


wiki読んでるけど面白くて止まんない
https://ja.wikipedia.org/wiki/八甲田雪中行軍遭難事件


酷寒零下30度筒も剣も銃剣も駒の蹄も凍る云々の歌があるが
満州より寒かったんだなその時そりゃヤバいわ


八甲田山死の彷徨は読んだ
行軍のときだけ偉い人が参加するんだよねそれで指示系統が崩れる
反対回りのチームは無傷で


体が冷えすぎると歩けなくなるんだよな
大人になってからは流石に無いけど子供の頃に軽く死にかけた


登山とかキャンプ趣味にしてるけど
乾燥させた薪でもないと火をつけるのは本当に大変
雪で湿潤してる枯れ枝やら生木やらで焚き火なんてできんわ


歩兵団が遠征してた時代と比べてサバイバル術の重要性って落ちてそうだけど
どんぐらい発展継承されてるんだろう


11人生還って良かったのやら悪かったのやら分からんな


北海道で新聞配達してた事あったけど氷点下20度とかの早朝に2時間も外にいたら
帰って30分はガチガチ震えて布団から出られなかった


地球史でみると明治って江戸期から続く寒冷時代でしょ
そりゃ寒かったろうて


自衛隊が訓練した時も夜寝てる時に大勢が歩く足音が聞こえたって話がある


日露戦争では寒さよりもロシア軍の重機関銃により大損害をくらった日本軍
あれに対抗出来る武器や対策は考えてなかったのか?


考えてたし対策もしてたけど大本営に拒否されてあのざま



いやそれも加農砲の水平射撃
もしくは装甲薄いから曲射砲の観測射撃で簡単に撃破できたんだけどね
見た目だけで案外使い物にならなかった


こんな酷い作戦よく上が許可したな
責任取ったのか?


別に酷い作戦じゃなかったんだけどな
当時ものすごい寒波が来てて運が悪かった
ちなみにその年は冷夏で東北大凶作の年


総責任者である大隊長は生き残ったが責任取って自決した


映画ではな
実際は指凍傷で引き金引けない


こういう件もふくめて戦争でかなりの優秀な遺伝子が亡くなったんだろうなあ
って思うわ、まあそれは他の国も同じか


青森でこれだから北海道とかとんでもないな


青森に八甲田山雪中行軍遭難資料館てのがあるから行ってみるよろし
裏手が共同墓地になってるよ


生き残った人もそのまま日露戦争行って死んだりしてる
何のために生き残ったのか


日本海と太平洋の風がぶつかり、冬の山岳としてはこれ以上ない最悪の事態だ
今後30年、50年、いや100年経っても冬の八甲田は頑として人が通る事を許さないのではないか


映画は都合の悪い部分を隠し過ぎ
巻き込まれたアイヌの人や地元人に触れてない
実際はあれ以上にクソな事故


wikipedia見てビックリしたわ
正義かつ賢明な部隊のはずの弘前隊がとんでもないことしてるな


映画と実話をごっちゃにしてる人が多いが映画は実話を基にしたフィクションだぞ
人名もパロディだし色々な部分で内容が違う


ああー夢に出そうだ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。