【NASA発表】7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見3つは生命存在可能


地球から約39光年(1光年は約9兆4600億キロ・メートル)先の宇宙で、生命を育む可能性がある7個の惑星が見つかったと、米国や欧州などの国際チームが発表した。
すべての惑星の表面に液体の水が存在する可能性があり、一部には海があるかもしれない。一つの恒星の周りに、生命が存在しうる惑星が7個も見つかったのは初めてという。
論文は23日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。
この恒星「トラピスト1」は、小さくて暗い「矮星(わいせい)」と呼ばれるタイプに分類され、木星よりも直径が約2割大きいだけで、明るさは太陽の1000分の1以下。研究チームは昨年5月にこの恒星を3個の惑星が回っていると発表したが、今回は米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡などを使って詳細に観測した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00050009-yom-sci
http://news.livedoor.com/article/detail/12709942/


ロマンがあるねぇ
でもたどり着けないんでしょ?
向こうがめちゃくちゃ文明発達してたらこっちに来る可能性あるのか?


とりあえず電波送ってみようぜ。
まあ俺らが生きている間には返事は来ないけれど。


エンタープライズ号を造ってから調査だなー^^


割と近いな


天文学的にはお隣さんだけど、人類には天国ほど遠い距離だわ
あちらさんから来ることを期待しよう


知的生命体がいても未だ地球に来てないのだから(公に)、かなり原始的かもな


39光年か
光速の10%くらいなら、加速することは可能だろう
もちろんとてつもないエネルギーが必要だが
ざっと390年かけて旅する事は、将来的には不可能ではない
地球からそんな近くにこのような惑星が発見されたってことは
まだまだ発見される可能性もあるし
恒星間宇宙旅行も具体性を帯びたな


無重力状態における失明問題がクリアされてないから無理だろう


そんな速度で飛んでみろ。
ネジ1個分の塵に当たっただけで船に大穴が開くわ。


割りと真面目に考証を重ねてる古典SFのスタートレックでは、
ディフレクターで船体を守ってる


太陽の千分の1じゃ地球軌道の30分の1のとこで同じ光量かな
連星を8の字型の軌道で回るきちがいじみた惑星のSFがあったな


月まで2秒ぐらいで行けるようになってからの話だな


冥王星軌道あたりから、金星地球火星を比較観測して
生命の居る地球が実際判別可能かどうか
先ず基礎研究とかすることからじゃないかなあ
明確に火星や金星と違う地球独自の特徴があるなら、
他の天体観測でも応用できそうだし


コールドスリープってまだ実用してなかったっけ?


そうなんだよなあ。
ここで39光年もあるんじゃあ1万年とかかかるから無理とか言ってる人はナンセンス。
もし39光年飛行できる宇宙船を作れる技術があるんだったら当然冷凍永眠の技術も
あるわけで。っていうか冷凍永眠の方が簡単。すでに精子は冷凍保存されて何年でも保存できてるし
金魚とか小さい生物は液体窒素で凍らせて解凍しても普通に泳いでる。冷凍永眠の技術のが数段先をいってる。
だから別に100年かかろうが一万年かかろうが関係ない。クルーをコールドスリープさせとけばいいだけ。
冷凍永眠されてる人間の中では時間はとまってる。


までは便利じゃなくて
世代宇宙船てのがわりとよくあるネタやね


なにもかもミニサイズだと大気が土星の輪のようにリング状に取り巻いてるかもしれんな
7つの星を飛んで渡る生き物がいたりして


光速を超えろ
それしか手がない


現在の人類の技術でも光速の30%までなら可能になってきてる。
NASAのレーザー推進なら、火星に3日で到達できる
http://wired.jp/2016/02/26/laser-propulsion-system/


光速の三割ということは、この七星まで130年だな…


コールドスリープみたいな技術使えば、不可能ではないな


すごいGがかかりそうだが機体や人間が耐えられるのかよ?


宇宙人はいそうですね
でも人である可能性はそんな高くないか


ありえん話ではないぞ
銀河系の規模を見れば


この発見が
未来人へのバトンとなるのだ
太陽は数十億年後に燃え尽きる
数十億年後に人類がまだ生きているなら
この惑星が移住先となるかもしれないのだ


高度な生命体からすりゃ…地球なんて人類から見たアリンコの巣作り観察より遥かにつまらん無価値だろから…安全やろ


高度な生命体でも宇宙の事を知る為に発見した惑星に一度は足を踏み入れるんじゃないか?
人類も近い惑星から探索し始めてるけど、高度になればなるほどその規模が大きくなってくだけじゃないだろうか


火星すら移住でいけないのに


不老不死の技術もたのむ
もう地球から脱出して他の星に移住したいわ
まったく見ず知らずの文化や文明の星で1から人生やり直したいわ


その惑星が誕生して何年経ってるかだな
地球より年上なら知的生命体もおるかもしれんな


もうとっくに滅んでるかもな


ロマンしかない、いい意味でも、悪い意味でも


太陽の進行方向をそっち方面にセットすれば
いつの間にか近くに行くことができる案


1光年が、9兆4600億kmで
ハヤブサ2がスイングバイで加速して時速11万4840kmらしいから
計算が合ってれば、9800年で1光年で
その39倍は、
別の生き物になってね?


もっとも近いのは4.2光年じゃなかったかな
これ以上近い太陽持ってる星はない


しかもその4.2光年の星(ケンタウルス座アルファ星)に移動するのにも
現状の正攻法であるロケット打ち上げで、かつ燃料にSF要素(対消滅と仮定)を入れたとしても
片道で21年かかる計算になる
それくらいとんでもなく気が遠くなる距離感だから太陽系外に正攻法で行こうとするのは非現実的
どうにかしてワープとかの裏技を実用化できなきゃな


乗り区民を人格移植方式のアンドロイドにでもすればよくね?


子供の時は宇宙人はイカタコみたいな体とおもっていたよ


移住不可能な惑星の研究より火星を住める大気に改良する方法を考えろよ


とりあえず手紙とタイムカプセル積んで発進させろ


いっそのこと、数万年後には
コールドスリープの解凍方法は
分かってるだろだろうと想定して
送っちまおうか


やべえ笑ったw


ナメック星人の宇宙船が必要だ


大昔の人たちからすれば、空に浮かんでるお月さんに人間が立つなんて想像もできないことだったんだから。
そのうち、宇宙にいる生き物を地球に連れ帰ってきて万博に展示する日も来るさ。


生命がありますよって言われてもなぁ
この地球上での人権問題すら混迷を極めてるのに
その上宇宙人とかが出てきたらどうなっちゃうのってw

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。