【画像】藤子不二雄Aが描くいじめ描写がキツすぎるんだがwwwwwww

ドラえもん(藤子F)のいじめ描写

魔太郎がくる!(藤子A)のいじめ描写

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4253058116/


主人公の見た目も本当にいじめられそうな陰キャラで笑えないわ


なお主人公が復讐する時も陰湿な模様


こわい……


精神的に来る漫画はAの圧勝ですわ
読んでいて本当に気分悪くなる


またろうはそういうキャラやからしゃーない
ただAの短編はぞくぞくするのが本当に多い


狂気を感じる


セールスマンといいやけに作風暗いよな


暗いね
ブラックユーモア短篇も怖すぎ


に貼ったいじめ描写の周りが本気でビビってるけど助けられないのがリアルすぎ


見て見ぬふりほんときらい


ドラえもんの独裁スイッチとかゴルゴンの首は藤子Aがネタ提供してそう


安孫子は幼少期いじめられっ子やったけどいじめっ子の絵を描いたら虐められなくなったらしい


こんなんわざわざ読むアホおるんか


当時からいじめが社会問題になっていたから全国のいじめられっこはこの漫画読んで鬱憤晴らしてたんやで


藤子Aは闇担当やからしゃーない。


短編集で覚えてるんが空手やってたとかいう編集者とモーニングスター持ってやりあうっていう
いじめっこといじめられっこのどろどろした本音が見て取れるっていうか


本作は発表当初、魔太郎の恨みの晴らしかたの一部が過激で、
ほとんどの場合自分を苛めた者を「うらみ念法」を使わず、
現実的に可能な手段で殺害または廃人にまで追い込んだ。
「いじめっ子をパワーショベルで引き裂いた上に遺体を生コンクリートで埋める」、
「恐喝してきたチンピラをゴミ袋に詰めて執拗にバットで殴り、そのまま遺体をゴミに出す」、
「過剰なしごきをしたコーチを水中で虎バサミに掛けた挙句に溺死させる」等々、
その手口も凄惨さを極めた。
Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/魔太郎がくる!!
やっぱAは狂ってますわ…


「恐喝してきたチンピラをゴミ袋に詰めて執拗にバットで殴り、そのまま遺体をゴミに出す」、


顔が怖い……


「過剰なしごきをしたコーチを水中で虎バサミに掛けた挙句に溺死させる」


ここまで突き抜けてたら読めるわ


人間誰しも心の中で魔太郎を飼ってるんやで


こう見るとFの天才性をAがコントロールしてたんやろなぁ…


逆やないやろか
Aの狂気をFがどうにか子供でも読める漫画にぎりぎり押さえ込んだとうな


まんが道購読者ワイ、Aの方がまともだと思っていた模様
実際は逆なんやろか…


こんなの今の雑誌に載せたら 問題どころじゃないよなぁ


これが連載されたって事は、当時は需要があったんやろな。


今でも復讐系の話は多いし需要あるやろうけど殺すまでいかんしなぁ


陰キャがDQNに復讐する話とか、感情移入できるやつの母数少なすぎないやろか。


いやそれなりにあるやろ


それなりに多いけど没入はできんよな 浮いてるっていうか
Aの漫画の生々しさが頂点やろなぁ


今も需要はあるやろ
アンチの声がデカくなっただけ


同窓会大量殺人未遂事件
http://www.maroon.dti.ne.jp/knight999/dousoukai.htm
リアル魔太郎


個人的イメージだけど
F→科学的空想的で人間を超えて俯瞰した視点からの作品が上手い
A→感情的で人間の内面的な闇を描くのが上手い


Aはマジの陰キャやしな


Aって社会問題を描くのが上手かったんだよな
ストーカー規制法が施行されるのは2000年だけど
70年代に「内気な色事師」っていうストーカー殺人の漫画描いていたり
同じように70年代に「明日も明後日も日曜日」というヒキニートの漫画描いてたり


またろうって少年誌に載ってたの?
よく審査通ったな


週間少年チャンピオンや


チャンピョンは読んだことないけど
バキとか少年誌でも大人っぽいイメージ


昔の人ってほんと頭がキレっキレというか先見性が素晴らしいよな
漫画家と言い小説家といい


あとAの短篇漫画は都会で孤独になって精神が削られるって漫画も多い
「わが分裂の花咲けるとき」っていう漫画で精神分裂病(統合失調症を)描いていたり


fはfで結構闇あるんやけどね
短編で結構ブラックなのあるんやで


ワイはFの異色短篇も大好きやで
けど闇の方向性が違うと思う
Fは人類全体を俯瞰にして人間の業を見詰めているような感じ
神の視点みたいな
Aはもっとミクロな人間心理の闇
個人的な感想だけど


Fの「コロリころげた木の根っこ」っていうブラック短篇があるけど
ああいうのだったらAの方が断然やろ
やっぱFは王道だけど「カンビュセスの籤」とかああいう漫画やな
あの荒涼として救いの無い設定は凄いと思うわ


藤子不二雄時代のシナリオ作成は自然科学系はFが担当して社会科学系はAが担当してたんやろか そうやとしたら完璧タッグやな


いじめのシーンって最終的にいじめっ子が反省して
主人公が許したりして終わるけどそういうのは嫌い
Aみたいに徹底的にやってくれた方がええわ
読後の気分は最悪だけど


これ


漫画だといじめっ子が最後死んで終わりみたいなのも結構多い気がする


ミノタウルスの皿?かなんかを読んだ時すっげえ後味悪かったゾ~


ミノワかわE
似た話でミートキューブの話が後味悪い


Fの才能が発揮された短篇やな
ああいう人間の価値観を根底から覆すような作品がやっぱり凄い


はえー
みんな詳しい


あとFなら「定年退食」とかな
資源が枯渇して老人の社会保障打ち切るでーとかリアルにありそうでほんま怖い


劇画オバQはQちゃんがかわいそうやったけど今はしょうがないんかな…って思うンゴ…


「狂人軍」
平凡なサラリーマン・丸目蔵人は会社を無断欠勤したドライブ先で「狂楽園球場」なる野球場を発見し、覗いてみようとするが「気ちがい以外は中に入れない」と言われて追い出されてしまう。そこで丸目は気ちがいの振りをして「狂楽園球場」へ入ることに成功する。
この漫画よみてぇ


あらすじ(ネタばれ含む)でお願い


wiki読んでクレメンス
https://ja.wikipedia.org/wiki/狂人軍
基本ギャグらしいんやけど


これほんと狂ってる


明日は日曜日そしてまた明後日も……
http://blog.livedoor.jp/qmanews/archives/52132994.html
これAの方やったんやな今思えば


藤子先生の「ある日」なんて今読んでも衝撃的で深く考えさせられる


なんか見っけた。これ?


紹介してよかったわ


アトムの最終回すき


どれや?
複数あるやろ?


全部


人間がロボットに支配されるようになってアトムに助け求める話ほんと怖い
アトム瞬殺されてショック


あれほんとすき 絶望感あっていい


あれ衝撃やったわ
最後に2055年って出るのが印象的



アトムが向かう飛行機は7機

帰っていく飛行機も7機
アトムは一機も倒せずに瞬殺された


はえー
これは気づかんかった


Aは狂った発想とか奇人とか人の闇とか凄く好きで、それを表現する力が凄いんやと思う
で、Fが狂った発想、奇人、人の闇そのものやったから惹かれてたんやろなあ


アトムですら1機も落とすことのできない飛行機とか強すぎない


残酷なまでの技術と時代の差を感じるよな


アトムが2003年製やからなぁ
50年あればそうもなるやろ


博物館で眠ってた超旧式やししゃーない


コノウラミハラサデオクベキカ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。