「これまでで最もカラフルな宇宙写真」ハッブル宇宙望遠鏡(画像あり)

アメリカ航空宇宙局は、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した「これまでで最もカラフルな宇宙写真」を発表した。同時に、この写真はこれまで最も広範囲の宇宙をとらえた写真であり、これまでで最も壮観な写真でもある。

この写真は「ハッブル・ウルトラ・ディープ・フィールド」(HUDF)というプロジェクト。天空領域を撮影した、新たな画期的研究成果であるが、ただ単に美しい、というだけではない。
最新のハッブル宇宙望遠鏡からの画像に、およそ1万ほどの銀河が写っている。これはHUDFで紫外光分布を解析した結果である。星形成に関する我々の認識のギャップを埋める手助けにもなる。
これまでのHUDFのヴァージョンでは、近赤外光から可視光、それに遠紫外光 (UV) の波長を受光していたと、アラン・ボイルがNBCニュースのウェブサイトに記している。それに近紫外光は含まれていなかった。
紫外光が加われば、もっとはっきりと宇宙が見える。

天文学者エドウィン・ハッブルの名を戴いたこのハッブル宇宙望遠鏡はNASAと欧州宇宙機関の共同事業である。1990年に打ち上げられて以来、ため息の出るような素晴らしい成果を地球に送り続けている。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/07/amazing-shot-of-10000-galaxies_n_5467142.html


昨日youtubeで宇宙の不思議みたいなのを見た
こんな感じだったわ


人間はまだこの銀河の果てまで辿り着くことも出来きない


これ、一つ一つが星じゃなくて銀河なんだぜ






すげーな


この小さい渦巻き一つ一つが何万何十万光年もの直径で、何百億何千億何兆個の恒星の集まりなんだぜ


銀河系多すぎワロタ
でもこれ、着色してんだろ?


紫外光分布を解析云々とあるから、可視光線で見えるものとは違うのかも
仮に人間の目で見れたとしてもこのように見えないかもしれないね


宇宙ほど心がわくわくするものってねえな


深海もたまらんぞ


こんなかに一個ぐらいは知的地球外生命体が文明作ってる星あるんやろうね


昔こんなような箱のアイスがあってなぁ


あったなぁ


再販してくんねーかな












こういうの見ると宇宙人はいると思えてくるな


人間が他の銀河に到達するのはいつになるんだ
片道切符でいいから銀河探査機に乗りたい。


藤子F不二雄の
旅人還る
って短編読んでみると面白いかも
SF・異色短編 3 (藤子・F・不二雄大全集)


宇宙はこんなにも広大なのに俺達人間は…


ひとりひとり誰もがイマジネーションという星くずをちりばめた宇宙を持ってる


君はコスモを…


この広さ
一瞬だが世の中の全てのことが本当どうでもよくなるな


なんか、海水を顕微鏡でみたような感じに思える


ミクロもマクロも同じ形に収斂するんよ


フラクタルってやつ?


はじめてディープフィールドを見て
ほとんど全て銀河の点というのにかなり驚いたなぁ
観測できる範囲だけでこれだからわけわかんないぐらい銀河あるんだろうなw


これ、ひとつひとつが銀河団なのか?


銀河型星雲なんて星の数ほどあるな。この一個一個に
太陽系のようなのが星の数ほどあるんだろ


真っ暗な部屋で たまたま開いたら
感動した


人類は未だ光が1.3秒で届くところまでしかたどり着いていない
もし仮に地球に異星人が来るとしたら、石器時代と現代よりも科学技術に隔たりがあるだろうね


実際今発見されてる惑星って銀河系の中だけで
こんな一枚の写真にある銀河の中にどれだけの惑星があるのかって考えたら


銀河の真ん中ってなんで光ってるの?
恒星が集まってるからってだけ?
それとも超巨大な恒星的なものがあるの?


恒星の密度が高い


恒星が集まってるだけ
いて座付近が我々の銀河系の中心なんだけど別に際立った恒星があるわけではない
天の川が一番濃い部分だけど明るい夜空だと見えなくなってしまうくらいだな


いいね
東京で見る数個の星ぐらいで充分です


宇宙のこと考えてると、明日の仕事のことなんかどーでもよくなるな
自分がちっぽけすぎる


伝承族みたいに顔とか写ってたら面白いのに


このスレとても素直で平和だな
お前らもなかなか綺麗じゃん


とっておきの動画を拉致って来たぞ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。